水中テープライトの配線方法をご紹介​

水中テープライトの配線方法をご紹介​

 

水中テープライトはDC24V製品のため変圧が必要になるので配線が難しくなるのでは?
とご心配ではありませんか?こちらのページでは、その配線方法を図で解説しています。
必要な部材数なども、こちらを見ればすぐに解決ができます。
​沢山のパターンをご紹介しているのであなたに合った配線が見つかるはずです。
​お問い合わせの前に、是非こちらのページを参考にしてください♪

水盤(5m×2本,2m×2本テープライト2系統)

​このページに登場する製品

​単色タイプの水中テープライトを繋げて使用する場合に必要なもの

水中テープライト
DC24V変圧電源

水中テープライト

DC24V変圧電源

​水中照明の設置条件

①DC24V変圧電源は防水仕様ではないため、濡れる可能性のある場所または湿気の多い場所では保護ボックスを使用してください。

 

入力電圧(DC24V変圧電源)から水中テープライトの距離は30m以内で設置してください。
※30mを超えるとケーブルのロスで水中照明の照度が落ちたり、点灯しない可能性があります。
※ケーブル5m以上の場合はI字コネクタ付きの状態で納品される可能性があります。(詳しい内容ご相談してください。)

 

 

③水中テープライトの価格に関しまして、テープライト本体の長さ・テープライトから電線をどのように出すか(片端/両端)・必要な電線の長さによって価格が変わります。長さをご指定のうえ価格をお問合せいただくか、設置場所の図面等の送付のうえご相談をお願いいたします。

配線の仕方

水中テープライト5m×4本・2系統の場合

水盤(5m×4本テープライト2系統)

★必要部材★
1.水中テープライト5m(4本)
​2.DC24V変換電源(2台)

 

水中テープライト5m×2本・2m×2本・2系統の場合

水盤(5m×2本,2m×2本テープライト2系統)

★必要部材★
1.水中テープライト5m(2本)
​2.水中テープライト2m(2本)
​3.DC24V変換電源(2本)

 

水中テープライト5m×6本・3系統の場合

水盤(5m×6本テープライト3系統)

★必要部材★
1.水中テープライト5m(6本)
​2.DC24V変換電源(2台)​​

サンプル貸し出し実施中

24時間以内(土・日・祝日除く)に御見積致します。

お急ぎの方はお電話にてご連絡ください。
TEL:03-6380-8103
FAX: 03-6380-8105
MAIL: led-businesscontrol@fujimedica.com
(受付時間 9:00 - 18:00 [土・日・祝日除く])