屋内プールの照明設計と設置ポイント

水中照明 テープライト 地中照明 写真 プール普通施設のプールは、スイミングに満足するだけでなく、心地よい温かく快適な雰囲気を備えていることも必要です。視覚的にユニークなデザインを加えて、水中照明の応用が不可欠です。 この記事では、プールの特別な環境で使用される照明の設計原理と設置ポイントについて説明します。

屋内プールの照明設定

プールの特殊な環境のため、このエリアの照明には、いくつか特別な注意点があります。

水中照明について

水中照明システムは、プールの中の明るさを増し、水面での光反射を低減することが出来ます。トレーナーは水中の人の動きをはっきりと見ることができますので、水中照明の導入をお勧めです。

プールの水中照明は、次の指標を参照できます。屋内は1000〜1100lm / m2(プール表面)です。水中照明器具は水面下0.3〜0.5 mに配置し、照明器具間の距離は2.5〜3 m(浅いプール)と3.5〜4 m(深いプール)にする必要があります。照明器具は保護する必要があり、信頼性の高い安全接地対策が必要です。水中照明器具は、特別な低電圧電源から給電する必要があり、電源電圧は12V~24Vの低電圧な器具をおすすめです。

富士メディシィエの水中照明器具はすべて24V仕様なので、安全安心利用できます。

水中照明器具詳しくこちら

プール水中照明設置ポイント

水中照明器具は、壁掛けタイプと埋込タイプの2つの方法で分類されています。壁に取り付けられた水中照明は、設置中にプールの壁に壁掛け設置されます。壁の穴を事前に開ける必要はなく、後付けが楽です。壁掛けタイプは、プール内の構造に影響を与えず、プールリニューアルに適しています。
でも壁掛けタイプは壁面より高めなので、人を入るプールにはお勧めできません。

この時、壁面と平行に設置できる埋込タイプをおすすめです。プールの壁面に穴を開けることが必要なので、大きい工事が必要、手間がかかります。

埋込型水中照明はこちら

埋込型水中照明の配線方法こちら

埋込型水中照明の設置方法動画こちら

富士メディシィエの水中照明器具はすべて24V仕様IP68完全水没可能、水深5mまで使用可能なので、プールだけではなく壁泉・滝・噴水・水盤・水路・スパ浴槽・温泉などの場所にも安全安心利用できます。

サンプル貸し出し実施中

24時間以内(土・日・祝日除く)に御見積致します。

お急ぎの方はお電話にてご連絡ください。
TEL:03-6380-8103
FAX: 03-6380-8105
MAIL: led-businesscontrol@fujimedica.com
(受付時間 9:00 - 18:00 [土・日・祝日除く])